冠水と浸水の違いは何?洪水や水没と何が違うの?



山紫水明の国、日本。

この国に住む我々は豊かな自然の恩恵に
あずかっていますが、同時に昔から
自然災害も多く発生してきました。

夏から秋にかけては台風が何度も上陸して
大雨を降らし、川が氾濫して洪水になるところも。

また、このところの世界的な気候の変動で、
日本列島でも未曾有の豪雨による被害が
あちらこちらで起こっています。

こうした災害のニュースが流れると
冠水」や「浸水」と言った言葉が使われますが、
水の被害を表わすこの冠水と浸水に
違いはあるのでしょうか。

そこで今回は、水の災害を表現する言葉、
冠水浸水違い洪水水没などについて
調べて見ました。

スポンサーリンク
   
 

冠水とは?

辞書を引くと、冠水とは「洪水などで田畑や
作物が水をかぶること
」とあります。

田畑だけでなく道路などでも、大雨で
立ち往生するほど水浸しになることは
冠水と表現されますね。

台風や集中豪雨が発生すると、
高速道路の道路情報で冠水による通行規制の
表示が出ることもあります。

冠水の「冠」は頭に被るものの総称で、
何かの上部にかぶせるものを表しています。

田畑作物、道路などがをかぶって
覆われてしまう状態が「冠水」と
いうことなのでしょう。

冠水と浸水の違いは何?

冠水が水で覆われることをいうのに対して、
浸水が何かに入り込む状況を言います。

「浸」は「ひたす」と読み、水が染み込んで
広がる様子を表す文字です。

つまり、浸水は溢れ出た水が建物などに入り、
家が水浸しになったり車が水に浸かったりする
状態を指します。

このことから冠水と浸水の違いをもう少し
具体的にいうと、冠水は田畑や道路、
浸水は家屋や車が水に浸かる
ことを
指しているようですね。

田畑や道路のような平面
覆われることを「冠水」、家屋などの
立体の中に水が入ることを「浸水」と
定義できるのではないでしょうか。

洪水とは?

洪水というと、TVのニュース映像で住宅などが
水を被っている様子が思い浮かびます。

大雨などで河川が増水し、その一部が
決壊することによって住宅地に水が押し寄せ、
恐ろしいことに町全体水没してしまうことも
ある自然災害洪水

ヨーロッパでは洪水
普段は水の無い場所が水に覆われること」と
定義しています。

そして、工学的には「平常時よりも河川が
増水する現象のこと
」を指して、特に災害
発生しなくても洪水と呼ばれます。

昔から川は大雨が降るたびに上流から
土砂を運んで来ました。

土砂は下流に堆積し、長い時間をかけて
平坦な土地を作り出します。

こうして作られた土壌は養分を多く含み
作物の栽培に適していたため、人々は
この肥沃な土地を耕し作物を育て、
そこに定住することで町が出来上がりました。

川の氾濫によって出来た土地ですから、
普段は町の中をちょろちょろと流れる川も
大雨増水する度洪水を起こしていたのです。

技術の発達で、治水工事によって川の流れを
コントロールできるようになり、
洪水の被害は大幅に減少しました。

けれどもなんらかの原因で堤防が決壊すると、
そこから一気に川の水が平地に
流れ込み大きな災害を引き起こします。

水没とは?

地上にあったものが水中に没して
姿が見えなくなること
」これが水没の定義です。

河川の氾濫による洪水で道路が冠水し、
車など沈んでしまう状態水没

ここまでの大洪水となると家の屋根まで
水に浸かり、町全体水没することもあります。

ここ数年、異常気象による大雨で
思いもよらない地域でも大きな水の被害が
発生することが。

今まで水の被害を受けたことのない地域に大雨が、
それも例年にない規模の豪雨が降ると、
川の増水が人々の予想をはるかに上回り決壊、
洪水の被害が起こりやすくなります。

濁流が押し寄せた住宅地では、人々が
水没した家の屋根に上がり救出を
待たなければならないような
恐ろしい事態となるのです。

また、ダムの建設のために人工的に
山間の集落を水没させることもあります。

電力は現代社会には不可欠なものですが、
集落だけでなく山を切り崩し自然を
破壊するダム建設には賛否両論があるようですね。

それぞれの関係は?

ここまで水の被害で使われる言葉について
調べてきましたが、では
冠水」「浸水」「洪水」「水没」は、
それぞれどのような関係にあるのでしょうか。

水、浸水、水没平常時水の無い場所
水につかることを表しています。

冠水水で覆われること、浸水水が
入り込む
こと、そして水没水の下に沈むこと。

洪水を平常時よりも河川が増水することを
表すとすれば、それらの水の被害
原因となるものが洪水であるといえます。

また、普段水の無い場所が水につかることを
洪水というのであれば、冠水、浸水、水没
ひっくるめたものが洪水とも言えるでしょう。

最後に

地球規模で気候が変わりつつあるようです。

この夏も大規模洪水で多くの人が
犠牲になるようなが豪雨が降ったと思えば、
極度の乾燥による自然発火の山火事が
起こったりと世界のあちこちで
自然災害が発生しています。

自然の脅威の前に人間は無力なことが
多いのですが、この異常気象が地球温暖化が
引き起こしているのだとすると、
我々にもまだやれることはありそうですね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ