大切なあの人に。大人にプレゼントしたくなる感動の絵本とは?



大人に絵本?大人だから絵本!

子供の頃、一番最初に出会う絵本

淡々に絵が描いてあるだけだったり、
矢印を引っ張ると動物が顔を出す
仕掛け絵本だったりその種類は様々。

大人になって本屋さんでちらりと見つけると
「この絵本覚えてる!」となって
また買ってみたりすることも
少なくないのではないでしょうか?

そこで今回は、大人になって
敢えてプレゼントしたい絵本の数々をご紹介。

内容は大人向けだったり子供向けだったりですが、
ぜひお手にとって欲しいのです。

案外子供向けとバカに出来ない絵本も
多いんですよ。

スポンサーリンク
   
 

本業は小説家!が描いた絵のない絵本

皆さんは村山由佳さんという
小説家をご存知ですか?

映画化もされた「天使の卵」「天使の梯子
天使の柩」シリーズの作家さんです。

その村山さんが描いた3つの絵本が
1つの絵のない短編集
約束ー村山由佳の絵のない絵本ー」に
なりました。
(もちろん絵つきも販売しています)

1つ目は親友ヤンチャとの約束を果たすため、
ワタル、ハム太、ノリオの三人が
タイムマシンをつくるというお話「約束」。

いまなら若干定番化してしまった
タイムリープものだけど、
子供時代のあどけない姿や友達との喧嘩や
何気ない日々を思い出したいひとにおすすめ。

2つ目は「さいごの恐竜ティランーI
’ll stay with youー」。

最愛の夫と子供たちを失った草食恐竜の
【お母さん】が見つけた卵は
憎いはずのティラノサウルスのもの。

いくら憎くても子供に罪はないと
【お母さん】は【ティラン】と名付け、
必要な食事も性格も全く違う彼を
育てるのですが…。

3つ目はクジラの親子が仲間のいる
南の海を目指す長い旅を描いた「いのちのうた」。

クジラの寿命は約50~100年といわれていますが、
長い長い旅の途中の様々な困難が目を覆います。

筆者おすすめは「さいごの恐竜ティラン」。

なぜ彼が最後になったのかを
ぜひその目で見届けて欲しいです。

絵がなくてもこんなに文で
表現出来るものなんですね。

約束ー村山由佳の絵のない絵本ー
著者名 村山由佳
販売元 集英社
初 版 2011年
価 格 497円

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

約束 村山由佳の絵のない絵本 (集英社文庫) [ 村山由佳 ]
価格:496円(税込、送料無料) (2018/8/8時点)


 

子供の頃のおもちゃ、大事にしてますか?

昔からの名作「ビロードのうさぎ」は、
クリスマスにやってきたぬいぐるみの
うさぎと男の子の物語。

つぶらな瞳でいつか動き出すんじゃないかと
思ってしまううさぎと男の子は、
毎日一緒に遊んで一緒に眠って暮らしていました。

そんなある日、うさぎは部屋のあちこちにいる
新旧溢れるおもちゃ達と出会い、
子供に愛されたおもちゃは
いつかほんものになれる
」事を知ったうさぎ。

ほんもの」ってなんだろう?

おもちゃは子供にとってのお友だち。

自分の持っていたおもちゃを思わず
思いだしてしまう「トイ・ストーリー」を
彷彿させる物語です。

ビロードのうさぎ
著者名 マージェリィ・W・ビアンコ
絵と訳 酒井駒子
販売元 ブロンズ新社
初 版 2007年
価 格 1500円+税

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビロードのうさぎ [ マージェリィ・ビアンコ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/8時点)


 

ともだちいりませんか?

森にすむキツネがする「ともだちや」は
1時間100円」で寂しいひとと
ともだちになってくれます。

でも、ともだちって1時間いくらと
お金を払ってなるものではないことを
後半に出てくるオオカミが教えてくれます。

年少さん頃のおすすめ絵本なんですが、
なんだかこれ大人になってもいえるお話ですよね。

メールやSNSなど、顔を見せなくても
ともだちになれてしまう現代だからこそ
読んで欲しい絵本です。

ちなみに、この「ともだちや」は「おれたち、
ともだち!
」シリーズとして
既に11巻販売しています。

ともだちや
著者名 内田麟太郎
絵 降矢なな
販売元 偕成社
初 版 1998年
価 格 1000円+税

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ともだちや2版 (「おれたち、ともだち!」絵本) [ 内田麟太郎 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2018/8/8時点)


 

個性?協調性?あなたが大事なのはどっち?

カラフルなカメレオンが表紙の
じぶんだけのいろ いろいろさがした
カメレオンのはなし
」。

主人公であるカメレオンは、みんなと違って
じぶんだけのいろがないことに悩んでました。

でも、じぶんだけのいろってなんだろう?

ページが変わるごとに変わるカメレオンの姿。

確かに、社会や学校でも紛れてしまいたい
人もいれば自分だけの世界観を持っている人も。

無理に個性的にならなくてもいいと
いってくれている気がします。

転職将来悩み始めた方におすすめです。

じぶんだけのいろ いろいろさがした
カメレオンのはなし

著者名 レオ=レオニ
訳 谷川俊太郎
販売元 好学社
初 版 1978年
価 格 1153円


 

最後に

「絵本の思い出」

私はどちらかというときっと絵本が
好きな大人です。

そのきっかけは、子供の頃文を読むの
が嫌いだった私に母が買ってくれた
「おしいれのぼうけん」。

結構長い長い物語でしたが、
通っていた保育所が舞台。

しかも私の通っていた保育所と同じで、
押し入れにはねずみがいるとされていました。

そこを牛耳るのはねずみばあさん。

悪いことして閉じ込められた子供に
お仕置きをするのですが、ある日閉じ込められた
2人はそこから脱出を試みるー…。

ざっくり説明してこんな感じです。

気になる方は見てみてくださいね。

悪いことして押し入れに入れられる…
今じゃ問題にされちゃいますね。

不憫な時代です。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ