4Kテレビとは?今までのテレビとの違いは?買い時はいつ?



テレビやチラシなどで目にする「4Kテレビ

画像がキレイだという事は何となくわかるけれど、
そもそも「4K」って何?!

という事で今回は4Kテレビとは
どのようなテレビなのかをご紹介致します。

今までのテレビとの違いとは?

見るのに何か必要なものがあるの??

今や40型以上のテレビ購入者の3人に2人が
購入するとも言われる4Kテレビ。

その魅力を早速見ていきましょう!!

スポンサーリンク
   
 

4Kテレビとは?

4K=高画質

4Kテレビはキレイにテレビが映る!と
いう事は分かるけれど・・・

いったい4Kテレビの4Kとは??

実は4Kとは、画素数のこと。

従来のフルハイビジョンの映像
=横1920×縦1080 約207万画素

4Kの映像=横3840×縦2160 約829万画素

K=キロ、つまり1000を示し、
横の画素数約4000あるため、
【4K】と呼ばれます。

4Kテレビはフルハイビジョンよりも
画素4倍と高解像度、
その美しさは一目瞭然!

フルハイビジョンは4Kテレビ登場後、
2Kと呼ばれることが多くなっています。

4Kテレビと今までのテレビとの違いは?

4Kテレビと従来のテレビ、
その違いはどんなところ?

それでは、今までのテレビと
どんな違いがあるのか見ていきましょう!

①大画面での画像の美しさ
最大の魅力は前述通り、高解像度による
画面の美しさ!

従来のテレビとは違い、画面が大きくなるほどに
映像美しさが際立ちます。

近づいても映像の粗さが気にならない為、
同じテレビのサイズで、半分の
視聴距離にしてもぼやけずキレイ!

ハイビジョンでは潰れてしまいがちな暗闇なども、
4Kテレビなら奥行のある映像美
楽しむことが可能です。

②フルビジョン映像を4Kで!
アップコンバート機能のある4Kテレビであれば、
4Kに満たないフルハイビジョン映像を
4K画像に自動変換

ブランド・機種によっても見え方は
変わってきますが、テレビ番組やブルーレイを
美しい4K画像で楽しむことが可能です。

③4K放送に対応可能
受信チューナー内蔵4Kテレビであれば、
4K放送対応可能

高画質の画像&臨場感たっぷりの
サウンドによって、大迫力の時間を演出。

インターネットに接続すれば、様々な4K動画や
配信サービスも視聴可能です。

4Kテレビの買い時はいつ?買う必要性はある?

今のテレビで十分に満足されている場合、
4Kテレビへの買い替えは特に必要ないでしょう。

テレビの調子が悪い、そろそろ買い替え時・・・

そんな時には、以下をご参考に!!

ハイビジョン(2K)のまま放送されている
《地デジ、BS・110度CSの現行放送》

そしていよいよ、2018年12月1日から上記に加え、
新たにBS・110度CSで《新4K8K衛星放送》が
開始!

それに合わせて、新しい4K・8K放送を
受信できるチューナーおよびチューナー内蔵
4Kテレビは各社より秋以降に登場する予定と
なっているそう。

今後、BS-4Kチューナー内蔵テレビが
普通となってきそうな予感・・・

今すぐ購入したいのであれば、4K対応テレビを
購入⇒新4K放送開始後対応チューナー準備

特に急ぐ理由のない場合は、チューナー内蔵
4Kテレビの発売を待つのも良いかもしれません。

4Kテレビを観るのに何が必要?

【4Kテレビ 視聴に必要なもの】
4K対応テレビで4Kテレビを視聴するためには
「対応の専用チューナー」を購入して
外付けする必要があります。

また、4K衛星放送を見るためには従来の
衛星放送と同様、別途アンテナが必要!

更に、配線機器も4K8Kに対応したものに買い換え、
配線しなおす必要が出てきます。

販売店で十分に相談してから
購入するようにしましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか。

大画面で楽しみたい4Kテレビ。

4Kの番組は現状、有料チャンネルがメインです。

テレビ視聴が主であれば、購入は
秋以降まで待たれた方が得策かも!

大きな画面であればあるほど、その美しさを
実感できるという4Kテレビ。

映画の視聴などにはピッタリです。

4K放送の開始に伴い、様々なチューナーや
チューナー内蔵テレビが販売される予定ですので、
秋から冬以降を楽しみに待ちましょう!


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ