覆水盆に返らずの意味と使い方とは?類語や対義語もご紹介!



覆水盆に返らず」は
何かがダメになってしまうときに使われますが、

会話の中ではあまり聞かれることは
ないかもしれません。

読み方は「ふくすいぼんにかえらず」ですが、
ではその意味は?

ことわざ「覆水盆に返らず」を正しく使うために、
その意味由来使い方などを
ご紹介しましょう。

スポンサーリンク
   
 

覆水盆に返らずの意味とは?

」には「こぼす」という意味があるので、
覆水」は水をこぼす、水がこぼれるという
意味です。

そして、日本で「盆」というと皿や茶碗を
運ぶための平たい形状の板ですが、
中国ではボウルのような深みのある形のものを
言います。

このことから「覆水盆に返らず」は、
盆に入っていた水をこぼしてしまったら、
その水を再び盆の中に戻すことはできない
」が
文字通りの意味です。

もともと中国のことわざで、後秦の時代の
小説集「拾遺記」の中の話に出てきます。

貧乏なのに働きもせず、本ばかり読んでいる夫に
愛想をつかした妻が家を出てしまうのですが、
夫はその後出世して高官となります。

それを知った妻が夫に復縁を迫ったところ、
夫は水の入った器を持ち出してきて
その水を床にこぼしてみせます。

そして妻に「こぼれた水を元どおりにしてみよ」
と言うわけですが、当然そんなことはできません。

こぼれた水と同じように一旦別れてしまった
我々の仲はもう元には戻らないと、
復縁を断ったと言うのです。

そんな回りくどいことをしなくても、
と思うのですがね。

と言うわけで、このことから「覆水盆に返らず」
と言うことわざができたとされています。

この話にあるように、本来は男女の仲が元に
戻らないことを言いますが、そこから転じて
「起きたことを元に戻すことはできない」と
言う意味でも使われています。

覆水盆に返らずの使い方は?

・今度こそはギャンブルを止める、今度こそは真面目に働くからって何度聞いたかわかりゃしない、もう何を言われても覆水盆に返らずなのよ。

・あそこの家、浮気して勝手に家を出て行った旦那が、相手に捨てられて帰りたいと言ってるらしいけど奥さんは完全無視、覆水盆に返らずだね、そりゃ無理に決まってるよ。

・どれだけ待ったところで、これはもう相手が帰ってくることはないでしょうね、覆水盆に返らずって言うでしょ、いい加減諦めなさい。

・失敗は誰にでもあるさ、覆水盆に返らずでやってしまったことはどうしようもないが、大事なのはこれからどうするかだ。

・ああ!なんで消えちゃうの、覆水盆に返らずなんて言ってられないんだ、なんとしても復旧させないと困るんだよこのデータは。

 

覆水盆に返らずの類語や対義語は?

■覆水盆に返らずの類義語
後悔先に立たず(こうかいさきにたたず)
= 何かしてしまった後で悔やんでも
取り返しがつかないこと。

後の祭り(あとのまつり)
= 祭りの後の山車(だし)のように
時期遅れで無駄なこと、手遅れ。

■覆水盆に返らずの対義語
焼け木杭に火がつく(やけぼっくいにひがつく)
= 過去に恋愛関係にあった男女が
再びよりを戻すこと。

覆水盆に返らずを英語や中国語にすると?

■覆水盆に返らずを英語にすると
It’s no use crying over spilled milk.(こぼしたミルクを嘆いても仕方ない)

A broken egg cannot be put back together.(潰れた卵を元通りにはできない)

What’s done is done. (終わったものは終わったもの)

What’s gone is gone. (過ぎ去ったことは過ぎ去ったこと)

■覆水盆に返らずを中国語にすると

■覆水難収
読み方:ふくすいなんしゅう
意味:一度情勢が変わってしまうと、取り返すのは難しいということのたとえ。

■覆水難再収
読み方:ふくすいなんしゅう
意味:一度情勢が変わってしまうと、取り返すのは難しいということのたとえ。

最後に

人生には何度も選択を迫られることがあります。

その場の感情やいい加減な気持ちで選択すると、
後になって後悔することも。

自分が選んだこと、行ったことの結果は
自分で責任を負わなくてはなりませんから。

とはいえ、迷ってばかりで先に進めないのも
問題ですよね。

「覆水盆に返らず」のことわざ通り、
自分がしたことは元に戻すことはできません。

けれども別のやり方で再びチャレンジすることが
できる場合もあるのです。

大事なことは、自分で選んだことは自分で
受け入れる覚悟を持つことなのでは
ないでしょうか。

ところで、間違いやすいのが
「覆水盆に返らず」を「覆水盆に帰らず」と
書いてしまうこと。

覆水盆に帰らずでは、まるでお盆に
帰ってこない誰かのようになってしまいますから
気をつけましょうね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ