悦に入るの意味とは?使い方や例文もご紹介!



悦に入る」と聞くと何やら一人でニヤニヤと
にやけている人の図が浮かんできます。

この言葉には、自己中心的でなんとなく
マイナスのイメージが含まれているような
気がするのですが。

まあ、これはあくまでも主観的な
イメージですので、本当はどんな意味が
あるのか調べてみたいと思います。

それでは、今回は「悦に入る」と言う言葉の
意味使い方をみてみましょう。

スポンサーリンク
   
 

悦に入るの意味とは?

悦に入るは「えつにいる」と読みます。

普通は「入る」を「はいる」と
読んでしまいがちですが、
悦に入るの場合は「いる」になりますので
気をつけましょう。

「悦に入る」で辞書を引くと
物事が思い通りに入って、
心の中で大いに喜ぶこと
」とあります。

「悦」は名詞で「快く思う」
「満足して嬉しく思う」「喜ぶ」

「入る」は「人や物がある場所や範囲、状態に
移動すること」を表す動詞です。

これで「悦」と「入る」を合わせて
「満足して喜んでいる状態に移動すること」と
なり「満足して喜ぶこと」となるわけですね。

また「入る」と言う言葉は、
喜びを外に発散させるのではなく心の中
一人噛みしめるような様子を連想させます。

これだけ見ると良いイメージなのですが、
感情は心の中に止めてしまうとどうしても
自己中心的になりがちです。

そのため「悦に入る」という言葉には、
少しマイナスの意味合いが感じられるのでは
ないでしょうか。

悦に入るの使い方は?

A子「彼女、教科書眺めてニヤニヤしてるけど、
どうしちゃったんだろ」

B子「数学の授業に出された課題でずっと
考え込んでたから、何か閃いたんじゃないの」

A子「なるほどね、じゃあそろそろ出るわよ、
いつものフレーズ」

C子「私って天才!」

B子「ほんとわかりやすいわね」

A子「悦に入るってのは、まさに
今の彼女のような状態を言うのよね」

 

悦に入るの例文

1. 壇上で観衆を前にして熱弁を振るううちに、演説者は次第に興奮状態になり頬を紅潮させ腕を振り上げる、最後にはそんな自分に悦に入った様子で、どうやら観衆も目に入らなくなっているようだった。

2. 1週間ほとんど飲まず食わずで制作に没頭した彼女は、ついに完成した絵が思い描いていた以上の出来栄えだったことに一人悦に入っていた。

3. ニヤニヤと一人悦に入って気味が悪いが大目に見てやってくれ、一目惚れから猛烈アタックを繰り返して、あいつ今日ついに彼女からオッケーをもらったらしいんだ。

4. かつては夜の街で金をばら撒き女達を侍らせて悦に入っていた男だが、今や落ちぶれて昔日の面影は跡形もない。

5. 側から見たらまるで突拍子もない格好だと思うのだけれど、彼女は自分がファッションリーダーだと信じて悦に入っている。

 

悦に入るを英語に直すとどうなる?

1. be pleased about (something)

He is pleased with himself about the present from her.
(彼女からのプレゼントに彼は一人悦に入って入る。)

2. rejoice at (over)

He rejoiced at a great victory.
(彼は大勝利を収めたことに悦に入った。)

3. chuckle over (with)

She is chuckling with satisfaction.
(彼女は満足してニヤニヤと悦に入っている。)

4. be in raptures (ecstasies) at (over)

She was in raptures at the news.
(彼女はそのニュースを聞いて悦に入った。)

 

悦に入るの類語はあるの?

【我が意を得たり】
物事が思い通りになること、自分の考えが他人と一致すること

【小躍りする】
踊ってしまうほどに非常に喜ぶこと

【自己満足する】
自分の言動に自分で満足すること

【ほくそ笑む】
物事が思い通りの結果になったことに満足して、一人ひそかに笑うこと

【気をよくする】
物事がうまくいったり自分の思い通りになったり、嬉しいことがあっていい気分になること。

 

最後に

喜びを一人悦に入って
噛みしめるのも良いのですが、
それだけではちょっと
つまらないのではないでしょうか。

いつまでもニヤニヤと一人で
ほくそ笑んでいないで、
誰か近しい人に話して分かち合えたならば
きっと嬉しさは倍増するはずです。

そんなことは言われるまでもなく、
嬉しいこと喜ばしいことを自分の心の中だけに
止めておくのはなかなか難しいものですから、
きっと皆んなに話してしまうのでしょうけどね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ