六義園の紅葉2018年の見頃時期はいつ?ライトアップやアクセス情報も!



東京は11月中旬から下旬にかけて木々が
色づくところが多いのですが、

紅葉の季節にぜひ行ってみたいのが、
都会のオアシス、国の特別名勝にも

指定されている
東京駒込 六義園紅葉ライトアップ

広い園内、あちらこちらに色づいた木々が
見られる癒しの庭園。

そこで今日は六義園紅葉見所2018年見頃
ライトアップ期間などをご紹介していきます。

お出かけの参考にして頂きたい、
アクセス混雑回避情報もお見逃しなく!!

スポンサーリンク
   
 

六義園の紅葉の見所と営業時間は?

六義園の紅葉の見所&営業時間はこちら!

【六義園 紅葉の見所】
都会にいながらにして、
自然の景観を楽しめる六義園。

にはしだれ桜、そしてには紅葉の名所として
高い人気を誇る大名庭園です。

毎年見頃の時期には、イロハカエデや、
イチョウ、ハゼなど、約600本もの木々が
見事に色づきます。

昼間とはまた違った雰囲気の、
夜のライトアップ幻想的

ライトアップ開催期間は開園時間が延長となり、
毎年多くの見物客でにぎわいます。

【六義園 営業時間】
通常時
9:00~17:00(入園は16:30まで)

ライトアップ期間
9:00~21:00(入園は20:30まで)

【休園日】
年末年始(12月29日~翌1月1日)

【入園料】
一般:300円
65歳以上:150円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料

■Lit up red leaves of Rikugien Japanese garden – 六義園紅葉ライトアップ

美しい・・・

六義園の紅葉2018年の見頃時期はいつ?

【六義園の紅葉 2018年の見頃予想】
2018年の見頃予想はこちら!

色づき始め:11月上旬
見頃:11月中旬~12月上旬

目安として、最低気温が8℃以下になると紅葉
進んでくるそう。

10月~11月の気温にもよりますので、
天気予報などでこまめにチェック
するようにしてくださいね。

六義園の紅葉2018年のライトアップ期間は?

【六義園の紅葉 2018年ライトアップ期間】
2018年11月17日(土)~12月9日(日)

点灯日没から行われるようです。

六義園の紅葉ライトアップの混雑を回避するには?

【六義園の紅葉 ライトアップ 混雑回避】
大人気の六義園の紅葉!

ライトアップ時間帯は特に、
大混雑が予想されます。

キレイな紅葉を見に行きたいけれど、
行列に並ぶのはちょっと・・・

そんな方へ耳より情報!

混雑を出来る限り回避できるおすすめポイントを
ご紹介致します!

■その①時間帯
日没~21:00まで行われるライトアップ。

まず、金土日祝日は更に混雑しますので、
平日が狙い目です。

そして、日没時刻に合わせた16:30頃
もしくは閉園前の20:00以降がおすすめ。

最終入園時間20:30となりますので
注意してください!

■その②チケット
チケットの販売は六義園窓口でのみ行っています。

ですので、チケットを求める来園者で
まずは大混雑!!

近くまでお出かけのことがあれば、
前売り券購入しておくのも良いかも。

■その③入場口
通常は閉門している、駒込駅側の門《染井門》が
紅葉期には開門します。

駒込駅から近いのもあり、
染井門には長蛇の列!!

染井門は通り過ぎ、本郷通りを南に進むと
右手が六義園の正門です。

染井門から入らず、
正門利用するのがおすすめ

六義園へのアクセスと駐車場は?

六義園へのアクセス&駐車場情報を
ご案内致します!

所在地:東京都文京区本駒込六丁目
問い合わせ:03-3941-2222

【電車】
JR山手線・東京メトロ南北線《駒込》から徒歩7分
都営地下鉄三田線《千石》から徒歩10分

【駐車場】
なし

最後に

いかがでしたでしょうか。

広々明るく美しい庭園《六義園の紅葉2018年》

11月の17日(土)から
ライトアップ開始となります。

駐車場はないため、お車でお出かけの際は
近隣有料駐車場をご利用ください。

最寄りの駒込駅から徒歩7分と
好アクセスですので、
電車での来園がおすすめですよ!

昼間の光の中での鮮やかさ、そして
夜の幻想的な紅葉と、昼夜どちらを
見ようか迷ってしまうほどの美しさ!!

素晴らしい景色を眺めながら、
園内散策を楽しんでみて下さいね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ