笑いがもたらす効果とは?ストレス解消や健康など良い事いろいろ!



そこのあなた、近頃笑ってますか?

ふと鏡に写った自分を見て衝撃を
受けることありませんか?

髪はボサボサ、肌はボロボロ、
口角は下がって疲れ顔!

「ママ老けたね」

なんて言われた日にゃ悲しいんだか悔しいんだか
分からなくなってしまいますよね。

そんなあなた、近頃笑えていますか?

作り笑いでなく、思いきりガハハハハと
笑えるほど幸せなことはないのだと
いわれています。

そう言われてみるといまいち自信がない
自分がいます。

そこで今回は、笑いがもたらす美容健康効果
ついて調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

肩こりも良くなる!?笑いがもたらす効果【リラクゼーション】

人はなぜ笑うことがいいのか、
それは【リラクゼーション】
繋がるといわれています。

【リラクゼーション】といえば
温泉やマッサージなどから受ける印象が
ありますが、笑いによって感情を

大きく表現させることも気持ち
【リラクゼーション】という意味では
大切なのだとか。

というのも、笑うときには人は基本的に
腹式呼吸を使っており、
これにより心拍数が上昇血流が
促進
させるのだといいます。

これに加え、幸せホルモンと呼ばれる
エンドルフィン、癒しホルモンと呼ばれる
セロトニン、そしてやる気スイッチ
1つでもあるホルモンのドーパミンが分泌

笑ったあとにはスッキリし、
「よし頑張ろう!」という気を起こすことに
繋がるそう。

中には肩こりなど凝り固まっていたものが
なくなるといった方もいらっしゃいます。

ちなみにこれらは大泣きしたときにも
起こる現象なので、この2つの感情表現が
いかに大切なのかがわかりますね。

赤ちゃんに学ぶ!笑いがもたらす効果【人間関係を良くする】

大人に比べ、赤ちゃんは1日に何度も
笑うといわれています。

ただ生まれて間もない赤ちゃんが「へへっ」と
笑うのは感情とは関係のない
≪生理的微笑(新生児微笑)≫と呼ばれる
防御本能だというのをご存知でしょうか?

赤ちゃんは自分では何もできない身体ゆえ、
抱っこや語りかけを充分にして貰えないと
亡くなるとまでいわれています。

そこで本能的笑顔を見せるということで
育児放棄を阻止、守ってもらえる存在に
なるのだとか。

これは大人にもいえることで、
やはりいつでも無愛想にしているよりは
ニコニコ愛嬌がある方が周囲にも好かれます。

物を1つ頼むにしても「え?なんで?」と
いわれるか、「もぉ~、しょうがないなぁ」と
いわれるかはあなた愛嬌次第といえそうです。

ただし、作り笑いは意味がありません。

人柄がすぐ出てしまいますよ。

ガンさえ敵ではない!?笑いがもたらす効果【免疫力UP】

人間の身体にはガン細胞がそもそも
毎日約3~5000個発生しているというのを
ご存じですか?

これはガン闘病中のご老体だけに限らず、
若くて元気な人にさえ起きているもので、
要はみなガン細胞がある日突然発生するのでなく、
常に体内に持ってるということなんです。

そこからガン細胞が悪性腫瘍として身体を
蝕むかどうかは、その人の身体がいかに
病気打ち勝てるかということだとされています。

そこでリンパ球の1つであるNK
(ナチュラル・キラー)細胞
が、数年前から
ガンの治療の一環として注目を受けています。

NK細胞は、人間の体内に
約50億個存在しているそう。

これが活発働いている人は
免疫力全体が高いとされ、風邪などの感染性に
かかりにくくガンの発症率も低いのだとか。

それと笑いがどんな関係を?と
思うかもしれませんが、このNK細胞
活性化させる情報伝達物質である善玉の神経
ペプチドが笑うことで増えるのだそうです。

ということは逆に鬱々としている人には
悪玉の神経ペプチドが増え、
さらにマイナスな考えや働きを
促すということですね。

ただし、免疫力高すぎても実は
ダメだという報告もあります。

これは身体を守るべき免疫力が強すぎて
必要な細胞身体自体攻撃してしまうため。

これはリウマチや膠原病などがいい例です。

【人生楽ありゃ苦もあるさ】
水戸黄門のOPでもありますが、
人生には程よい山と谷がバランスよく
存在していることが大切なのかもしれません。

記憶力UP!?笑いがもたらす効果【脳と身体の若返り】

脳にある記憶力を司る器官・海馬は、
笑うことでその容量増やすことが
出来るといわれています。

また、笑うことは血流を促進して大脳皮質刺激

これにより記憶力そのものの質を
あげることができるのだとか。

近年バラエティー番組の中でも脳トレが
流行っていますが、これもこの笑うことで
脳を刺激するということに繋がるそうです。

ちなみに、シワや白髪といった肌や髪の毛の質も
冒頭で話したように、凝り固まっていたものが
ほぐされることで筋肉も血流が
改善されることでよくなります。

笑いジワという言葉があるだけに、
常にムスッとしていたのではそのまま
凝り固まり人相悪くなります。

口角も下がり老けて見えます。

どうせ出来るシワならばニコニコ
可愛らしいシワの方が嬉しいですよね。

最後に

「笑って毎日過ごしたい」

ここ数年、毎日を笑って過ごすことが
少なくなった気がする筆者。

現に風邪などの感染性にかかったり、
白髪もぐんと増えてしまった気がします。

原因はきっとあんな事やらこんな事やら…
思い返せば多々ありますが、
それがすぐに解決出来るかといえば
残念ながら難しいところ。

老けたからかなと思ってましたが、
もし笑わないというのが一理あるなら
少しでもストレスの発散を出来る場所があれば
解決するのでしょうね。

まずは生活習慣を見直して、
自分に合ったストレス発散方法を
探してみることが大切かもしれません。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ