鼻毛に白髪が生える原因!正しい処理や改善する方法は?



鏡を覗いた時に黒髪に混じってキラリと光る白髪

シニアになれば、そんな歳になったかと
感慨深いものがありますが、まだ若いのに
見つけてしまうとちょっとショックですよね。

そして、頭髪だけでなく体毛は全て
白髪になる可能性があります。

中でも鼻毛は早いうちに白髪
なりやすいようです。

ではどうして鼻毛白髪になるのでしょう、
その原因改善方法を調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

鼻毛に白髪が生える原因は?

鼻毛だけでなく体毛全てに言えることですが、
黒い色をつけているのはメラニン色素です。

メラニン色素を作り出すのがメラノサイト
(色素形成細胞)で、このメラノサイトから
毛を作り出す毛母細胞にメラニン色素が
渡されて毛が黒くなるという仕組み。

このメラニン色素が何らかの理由で
作り出されなくなると毛は色を
失い白くなってしまいます。

多くの場合、メラニン色素を作り出す
メラノサイト失われること原因のようです。

では、どういう場合にメラノサイトが
失われるのでしょう。

まずは加齢ですね。

歳をとれば自然にメラノサイトが
機能しなくなり白髪が増えてきます。

若いうちの白髪は遺伝的なものもありますが、
寝不足偏った食事、精神的なストレスなど
生活の乱れが原因となっているようです。

このような体に負担のかかる生活をしていると
血流悪くなります。

血液は必要な栄養を体の隅々まで届ける役目を
していますから、その血流が滞ってしまうと
十分な栄養が届かず、栄養不良になった細胞
再生する力をなくして死んでしまうわけですね。

鼻毛の白髪の正しい処理方法は?

黒い毛の中に白髪混じっていたら、大抵の場合
一本だけぴょんと飛び出しているので、
どうしても引っこ抜きたくなりますよね。

鼻毛は特に、白髪でなくても飛び出ていたら
みっともないので、すぐに取り除きたくなります。

ところで、白髪を抜くと増えるから白髪は
抜いてはいけない、という話を聞いたことは
ありませんか?

そんなこと言っても気になって仕方がないし、
でも増えたら困るし。

そんなあなたはご安心を、白髪抜いても
増えることはありません

ただ、白髪を引っこ抜くとその部分に強い力が
加わるので皮膚を痛めることに。

特に鼻の中の粘膜はとてもデリケートです。

傷つきやすく、鼻の中という場所を考えると
傷口から細菌が入りやすいので、
鼻毛を抜くことはお勧めしません。

鼻毛に白髪を見つけたら、鼻毛用の鋏
鼻毛トリマーで切って取り除きましょう。

くれぐれも先の尖った文具用の鋏や裁縫用の
鋏を使わないように

鼻の粘膜を傷つけないように、鼻毛専用の先が
丸くなった鋏を使ってくださいね。

鼻毛の白髪を改善する方法はある?

鼻毛だけでなく白髪は歳をとれば
どうしても増えてくるものです。

加齢によって新陳代謝が衰えてくると
細胞の再生がうまくできなくなってきます。

メラニン色素を作り出す色素形成細胞の
メラノサイトも毛を伸ばすための毛母細胞も
数が減り、またそれぞれの細胞の間の伝達も
滞ることで、毛は少なくなり色を失い
白髪になります。

このような白髪はどうしようもありませんが、
まだ若い頃に出てくる白髪
改善できるかもしれません。

一般的に若白髪(わかじらが)と言われる白髪は、
早い人で20代から出てきます。

体毛の中でも早いうちから白髪になりやすい
鼻毛も若白髪になりやすいのです。

この年齢で細胞の再生が阻害される要因としては
寝不足栄養不良ストレスなどが考えられます。

遺伝的に若いうちから白髪になりやすい人も
いますが、不規則な生活が原因であれば
生活見直すことで白髪を改善できるわけです。

逆を言えば、若いうちから白髪に
悩まされるようであれば、心や体に無理な負担が
かかっている可能性が高いということですね。

このような生活を続けていれば白髪だけでなく、
あちこち体の不調に悩まされることになります。

白髪を一つの健康のバロメーターとして、
一度生活を見直してみてはいかがでしょう。

最後に

たかが白髪、されど白髪。

体毛の色が黒い我々日本人にとっては、
一本の白髪も目立つ存在ですよね。

昔から海藻を食べると髪が黒くなると
言われています。

海藻にはメラニンを作るのに必要なヨードが
含まれていますから、この言い伝えは
正しいようです。

昆布やワカメなど海藻を多く使う日本食は、
黒い毛を保つためにとても良いものだと
言えますね。

また、現代人は夜更かしの傾向に
あると言われています。

睡眠不足はお肌の敵だけではなく毛の敵でも
あるようですから、意識して睡眠を
取るようにしたいものです。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ