「きゃーっ!節約しなきゃ!」

まもなく電気に続いて民営化
実現されそうと噂されている水道

近頃我が家では家族も増え、ちょっと水道代
増えてきている気がするのです。

真夏に比べれば…と侮るなかれ、冬場でも
充分その率は高くなってきています。

あー…暖房費もかかるというのに!

パパ!洗濯物はまだ回さない!

娘よ!無駄にお風呂のお湯をおろさない!

なんて怒りたくなくてもイライラ…。

ママの怒りジワも増えて美容費も
嵩んでしまいそう…。

そこで今回は、水道代高い原因
みんながやっているという水道代
節約方法を覗いてみましょう。

意外と簡単に出来るものも少なくありません。

スポンサーリンク
   
 

なんだこれ!水道代が高い原因はなに?

家族が増えるにつれて増える水道代ですが、
実は地域差額もあるといわれています。

場合によっては公共料金の安い地域に
引っ越すだけでも節約になるということ
でしょうか?

なんだか切ないものですね。

これは水道事業を管理・運営している企業が
自治体によって違うからだそうです。

各市町村が管理・運営しているのですが、
要はその地域で流れる原水の水質や距離が関係し、
それを使う人口や施設の普及度具合にも
よるといいます。

そこで今回は、家庭内で出来るちょっとした
水道代節約についてお話していきましょう。

ちなみに、どんなに節水していても
変わらない場合や、急激に値段が
上がった場合などは水道管の破裂や亀裂による
水漏れがどこかで起こっているかも!

こんなときは契約している水道局や、
マンション・アパートなら大家さんに
相談してみてください。

我が家でも実際凍結水道管破裂

2万円以上の破格が続き水道局の
お世話になったことがあります。

やはり破格が続くとあちらも「おかしいなー」と
様子を見に来てくれるようです。

残り湯は大活躍!一番の水溜め場お風呂を使った節約方法

家庭内で最も水使うお風呂

まずは使う際の節約についてお話しますね。

■入浴前

入浴前といったらお掃除

は浴槽の上の方、つまり水面の部分に
一番溜まります。

掃除する際には、そこを一度軽く流し、
それから洗剤をつけて洗いますが、
この際時間手早くすると汚れがすぐ落ちます。

一番いいのはお湯をおろしてすぐ

シャワーをひとかけしてスポンジでこすります。

この際あまり洗剤をつけることはありません。

アワアワになった洗剤をおろすのに水を
沢山使うことになりますからね。

また、浴後の40度くらいのお湯に重曹と
クエン酸をひとふりして炊くとジャバのような
働きをしてくれますよ。

そのまま流せばピカピカでいっちょあがりです。

■浴中

浴中のお湯といえばシャワー

シャワーをずっと出しっぱなしにするのは
節約面ではありえません。

個人的には浴中よほど汚れていない限りは
浴槽の湯で身体などを流し、最後だけ
シャワーで流すようにしています。

まずはシャワーヘッドを思いきって
節水できるものに変えてしまいましょう。

手元で湯量調節出来るものは非常に助かります。

■浴後

皆様お湯は何日で張り替えますか?

臭いがこもる、人数も多いというならば別ですが、
1人暮らしなどであればもう1日
使ってもいいでしょう。

このとき助かるのがホームセンターで
売っている垢とりグッズの類い。

我が家では「垢とりパックン」を使用しています。

カッパの形をしたスポンジで、入れておく
200日垢を吸い取ってくれるという代物です。

また、近頃は震災などの被災が増えていますので
半日くらいは捨てないほうがいいと
いわれています。

水道が復旧するまでトイレや洗濯物に使える
生活用水が足らなくなって困って
しまいますからね。

毛布や枕といったちょっとした大物洗いを
したい際のつけ置き場としてお風呂を
活用するのもありです。

洗濯物はまとめて!洗濯機を使う際の節約方法

洗濯機を使う際、よほどの色落ちが心配な
服などは別でですが、お風呂の残り湯
使うのは大前提です。

色落ちが心配な場合は入浴剤入ったお湯
使うのはやめましょう

残り湯を自動的に吸い上げてくれる
ホース
もありますが我が家はバケツで
せっせと回しています。

使う際、冷えきってしまった水よりも
お湯の方が比し汚れを浮かせ洗いしてくれると
いわれています。

また、洗濯機使う量頻度に合わせて
買うといいです。

合わないサイズ、特に少ない量に対して
デカいKgNGですね。

ただ、沢山入れすぎてもきちんと回れず
余分な水を使ってしまいます。

「節水設定」「時短設定」を活用して、
中には8割程度洗濯物を入れるように
しましょう。

デニムやジャケットなどは汚れもつきにくいので、
消臭スプレーを振って室内の日当たりの
良い場所や湿度の高い浴室に干しておくだけでも
違います。

トイレは日常生活の約3割!こまめにしたい節約方法

節水を心掛けるうえでトイレ約3割
日常生活で使われているそう。

しかもトイレの水は1度あたり小なら約5L、
大ならなんと約10L必要だといわれているんです。

中には2回流すという時もあると思いますが、
そのたびに大を使用していたのでは
もったいないですよね。

ここで使いたいのが節水リングなどタンクに
直接つけて水の流れ抑制してくれるもの。

新しいトイレだと備え付けも多いので、
タンクを開けてチェック!

タブ式のものなら回すことで水量調節でき、
ワイヤーチェーン式のものはチェーン
たるみをもたせるだけでも違うようです。

専用アタッチメントも販売されているので
ホームセンターなどで質問してみては
いかがでしょう?

また、それこそバケツにお風呂の残り湯を
入れておいて家族だけならその湯を使って
流すのもありです。

お客様にはバレたくないですね、
とても貧乏臭く見えます。

流しっぱなしはご法度?食器洗いなどでの節約方法

食器を洗う際には、流しっぱなしに行うと
いう人も少なくないと思いますが、
これも日常生活の積み重ねですから出来れば
短時間、少ない量の水で行いたいもの。

特に寒い季節になるとお湯を使うことになり
更にガス代も嵩みますよね。

湯温調節のために水もお湯も多く使います。

しつこい汚れ前以てキッチンペーパーなどで
拭き取る、ご飯粒がついてる際には
つけおきだらいに入れておくといったものが
あります。

また、つい食器を下げる際にやってしまいがちな
重ね置きは他の食器に余分な汚れ
つけてしまうのでやめましょう。

これらを実践するだけでも、
出来るだけ洗っている最中の流しっぱなしを
避けることができます。

これに合わせて使いたいのがやはり
節水用グッズ

湯沸し器に直接取り付けるものが多く、
浄水機能がついたものもあります。

手軽に出来るところでは
アクリルたわしもあります。

さほど洗剤つけなくてもいいという毛糸を
使ったたわしです。

ミカンの皮や米の磨ぎ汁を使って鍋の焦げ付き
などを取るという裏技もあります。

自然のものを活用しているなら、
つけおきだらいの水も花壇の植物にかけるなど
再利用ができますね。

また、米の磨ぎ汁やミカンの皮は廊下や鏡などの
掃除にも最適!ぜひ活用したいです。

最後に

「節約の基本は塵も積もれば山となる」

いかがでしたか?

一見貧乏臭く見えてしまう節約の数々でしたが、
昔からの知恵とも思えば最近流行りの
スローライフにも見えなくありません。

我が家でやっているものというと、
お風呂の残り湯の活用や洗濯機の節水設定の
活用が主な節約でしょうか。

とはいってもさほど危機感を感じるわけでもなく、
そこまで真剣に取り組んでいるわけでもないので
悪しからず。

ただ節約というのはやはり塵も積もれば
…な事なので、無理せずとも少なからず
水道代が高い!と感じたことがないのは
嬉しいことなのかもしれないですね。

水道民営化…いったいこの先どのように
行く末が変わっていってしまうのか
不安ではありますが、とりあえず当分は
現状維持となりそうです。


スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事