緊急事態!ファスナーが開かない、外れたときの対処法



「あーっ!んもぅっ!」
近頃心なしか金運が悪くなってきている気がする。

これはきっと、お気に入りの財布のファスナーが
閉めても閉めても開きっぱなしになってしまうからかもしれない。

運もそこからこぼれ落ちてるのかも、小銭と共に。

さて、それが本当かどうかは別として、
やはりファスナーが開かなくなったり、

または開きっぱなしになってしまうのは非常に困ります。

カッコ悪いし。

そこで今回は、
そんな困ったちゃんなファスナーの機嫌を直す方法を調査!

え!こんな簡単な方法で?と驚くものも中にはあり、
まさに開いた口が閉じなくなってしまうかもしれません。

スポンサーリンク
   
 

動かない!いくら引いてもファスナーが開かないときの直し方は?

ファスナーを開けたくても動かずにいる場合には、
途中の布地を咬んでしまっていることが多いもの。

この時は、まず咬んでしまっている部分を外して
スタート地点に戻すことが一番。

ところが、咬んだ部分を無理矢理外して破れちゃったなんて場合も!
特に柔らかい生地に多いのですがこれは悲しい!

こうなる前に、

心配ならファスナーのエレメントと呼ばれるギザギザ部分
まず鉛筆の先端を擦り付けてみましょう。

それから動かしてみると、
あら不思議!

鉛筆が潤滑油代りになって滑りを良くしてくれるのです。

ただ、こちら100%うまく行くわけではありません。

ダメな場合にはガラスクリーナー固形石鹸
などを使って同じように擦ってみましょう。

ファスナーがほつれて開けられない場合は?

咬むより大変なのがファスナーのほつれ。

いくら引いても引いても徐々にズレていき
左右のスタートががっつり変わってしまうことも少なくありません。

この場合は、
ほとんどが部品によって洋服や
カバンなどの修繕専門店へお願いするパターン。

エレメント部分が欠けていたり、
スライダーがずれやすくなって
上下左右のバランスが揃わなくなってしまうんです。

しかし中にはスライダーが緩くなっただけということも。

要は入れ物の容量を超える荷物をいれてしまった為に
スライダーが拡がってしまうんです。

この場合は簡単。

ラジオペンチや丸ペンチ、
はさみなどでスライダーの出口(引くと締まる側)、
または入口(引くと開く側)をきゅっと締めてみましょう。

これの逆パターンも。
拡げれば先に挙げた布地を咬むという現象も少なくなります。

ただこれ、
かなりの微調整が必要なので
力加減にはご注意を。

スライダーやエレメントのズレだけなら
自分で直せますが、

もしそれでも不具合が直らない場合は
部品交換が必要なこともあるので修繕専門店へ依頼しましょう。


   

げっ!ファスナーが壊れた!

勢いよく引っ張りすぎてありがちなのが、
スライダーがピュンッ!と飛んでいってしまうこと。

こんなときは
スライダーが手元に残っているのなら
まだ諦める必要はありません。

まず本来のスタート位置までスライダーを戻していきます。

ファスナーのスタート位置の縫い目をほどき、
片方から入れまた端を縫い治しましょう。

え?そんな高度な技術、家庭科1の私には無理?

そうですか、そんなぶきっちょさんなあなたには脱着式
ファスナー用の替えスライダー
をおすすめしましょう。

400円程度でスライダーが3サイズ12個ほど入っているので、
応急措置用ですが
とりあえずこれでスライダーがいなくなってしまっても大丈夫。

胴体がパカッと開き
簡単にエレメントに嵌め込むことができます。

わぁ、便利。

また、これに加えてあるのが
スライダーの引手部分が壊れてしまうという事態。

中には引手用のチャームをつけているという人もいますが、
こちらの応急措置にはクリップヘアゴムというアイテムが活躍します。

子供のものなどなら
わざとヘアゴムを可愛いものにするのもいいかもしれませんね。

引手が残っていて
壊れていないのなら再度取り付けることも可能ですよ。

ファスナー自体が布地からペラペラに外れてしまった場合は、
根気が要りますが縫うことで修繕。

出来ればミシンが嬉しいですね。

最後に

「案外直せるファスナー」
いかがでしたか?みなさん。

筆者的には案外自力で直せるんだなという印象でした。

私も家庭科1。特に裁縫ほど難易度が高いものはないので、
これまでファスナーの壊れで諦めてきた服やバッグが多いだけに
なんだかとても悔しいです。

また、いまどきはホームセンターや
裁縫ショップまで足を運ばなくても、

とりあえずネットや100均が近くにあるので
凄く便利な時代なんだなと再認識です。

何となく修繕専門店に
ファスナー破損だけで行くのも気が引けますしね。

とりあえず、筆者はゆるゆるに開くようになってしまった
財布のファスナーを直すところから始めようかと思います。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ