梅雨時期のお風呂がやばい!簡単カビ対策教えて!



「あ、あんなところにもヤツがいる…」
いつものお風呂。

ふぅっと一息つこうと思ったら
天井や壁にピンクや黒いヤツらが…。
そう、毎日掃除をしていても
意外と出来ちゃうカビたちです。

ここまで出てくると
毎日の掃除がいかに効果なしなのか、
はたまたそれだけ我が家のお風呂
カビの温床なのかと不安になってしまいます。

そこで今回は、そんな厄介ものの
カビたちを効果的に掃除する方法と

意外なアイテムでカビを予防する方法について
調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

カビを効果的にとる洗剤はアルカリ?酸性?

お風呂のカビが
最も繁殖しやすいといわれているのが、
浴槽の外側についている
エプロンと呼ばれるパネル

次いで洗い場、浴槽、壁となるそうです。

カビは20~35℃という温度で
湿気の多いところを好みます。
これってまさにお風呂場の温度ですよね。

しかもエサとなる人の垢や
汚れが多いのですから増えるのも当然です。

熱めのお湯でやけどする場合もありますし、
洗剤の種類によっては
手荒れを起こしてしまうこともあります。

絶対厚めのゴム手袋をつけるよう心掛けましょう。

お風呂の洗い方の基本は、

1.お湯で流す
お湯をかけて表面的な汚れを流すことで
固まっていた皮脂汚れなどを柔らかくします。
きちんと流せばこの時点で汚れの
半数以上は落とせるようになるといわれています。

2.洗剤をかけて汚れを落とす
中性洗剤、あるいはアルカリ性の洗剤をかけて、
スポンジでまんべんなくこすって
汚れ全般を落とします。

ちなみに水垢、石鹸カス部分には
酸性洗剤効果的

クエン酸がいいという声もありますが、
しつこい汚れにはやはり
酸性洗剤の方がいいといわれています。

しかし酸性洗剤とアルカリ性洗剤はいわゆる
“混ぜるな危険”。

危険な塩素ガスが出てしまい
最悪の場合死に至ることもあります。

出来れば一緒に使わず、
使うにしても換気をして
どちらかをきちんと落としてから
使うといいでしょう。

汚れが弱い部分は
スポンジの柔らかい面、
しつこい部分は固い面を使うと効果的です。

天井の場合は普段床掃除に使う
クイックルワイパーが便利ですよ。

カビ取り剤を専用シートに吹きかけ、
それで天井を拭きあげましょう。

3.カビ取り剤を吹きかけ放置
洗剤を綺麗に洗い流したら
カビ取り剤を吹きかけ、5~10分ほど放置します。

この時、キッチンペーパーなどで
上から蓋をしておくとさらに効果的です。

放置後、再びスポンジを使って
洗い流しながらこすり落とし、
空拭きしたらおしまいです。

ちなみに忘れがちなお風呂の蓋や洗面器、
子供のお風呂用のおもちゃなどは、
お風呂の残り湯(40℃くらいが理想的)に
重曹を1カップ(200ml)程度を溶かして
浸け置き
するだけ。

みんながあがった後に
1晩浸けておけばいいので楽ちん。

次の日に軽くシャワーで流し、
湿気はタオルで拭き取りましょう。

普段からお風呂場全体に熱湯をかけておくと
カビの繁殖を防げるといわれています。
全体にお湯をかけた後は水気を拭き取り
換気扇を常に回しておくよう心掛けましょう。

効果的!?意外なアイテムで予防できるらしい

お風呂場にカビ取り用の燻煙剤を使って
予防する人も少なくはないと思います。

でも1つ400~500円、
それを2~3ヶ月ペースでやるって
結構コスパが悪い気が…。

そこでおすすめの予防策が蚊取り線香

お風呂場で蚊取り線香!?
と思うかもしれませんが、
この蚊取り線香に含まれる成分
ピレスロイド系(防カビ、防虫)が
効果テキメンなんだとか。

しかもこれなら1巻約15円ほど(アース渦巻き香)。
中には100均の蚊取り線香を
5cmほどずつに割って使う方もいるとか。

使い方は簡単。

前項であげたお掃除のあと
換気扇を止めて火をつけ
お風呂場の真ん中に設置するだけ。

蚊取り線香だから
匂いが気になるという方もいると思いますが、
近頃はラベンダーやローズなど
お香のようなものもあるので
自分好みの香りを見つけてみては?

片付けも残った灰を片付けるだけなので
そんなに大変な手間はありません。

最後に

「ちりも積もればカビとなる…」
現在の我が家はいまどき珍しいタイル式。
しかもバランス釜。

気づけばタイルの目地や浴槽と釜との間に
ピンクカビがこびりついててしまっています。

我が家は共働き。
それを理由にしてはいけないけど、
もともとの古さもあって
なかなか掃除が進まないのが現実です。

そんな我が家でも、
目地にカビハイターを噴霧して
キッチンペーパーは何度か挑戦しています。

なかなか手間はかかりますが、
やはり綺麗になるのは良い気持ちですね。

ただハイターといえば塩素臭い残り香がネック。
だれか頭のいい方、
あの匂いの取り方知らないですかね。


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ