「家族の不調はキッチンにあり?」
季節の移り変わりがある頃に起きる家族の不調。
気候や環境の変化によって
身体がついていかなくて風邪をひいたり
胃腸炎を起こしてしまったりしますよね。

我が家でも、毎年真冬や真夏よりも
季節の変わり目に不調が起きやすい気がします。

そこで今回気になったのが、
この家族の不調が家の中にある
雑菌によるものだということです。

しかも、その悪の根源が意外にも
キッチンにあるという話を聞いたから驚き!
確かに家族みんなの食べるものがあるわけですから
当たり前といえば当たり前です。

毎日使う場所とはいえ、
きちんと掃除できているかといえば
自信をもって「はい」とはいえないですしね。

シンク・スポンジ・三角コーナーなどなど・・・

さて、そんなキッチンの中でも
特に気にしなくてはならないのは
何なのでしょうか?

今回はここに注目して
お話していきたいと思います。

スポンサーリンク
   
 

雑菌の温床!?キッチンスポンジは雑菌いっぱい

実はキッチンは雑菌の温床だというのを
知らない方が多くいるといわれています。

ちなみに一番汚いのがまな板、
次いでふきん、排水溝やごみ入れ、
そして今回のテーマであるキッチンスポンジです。

スポンジはトイレの便座の約20万倍の
汚れがあるのだとか。

雑菌の発生要素といえば、
【栄養】【湿度】【温度】の3つ。

【栄養】

キッチンといえば野菜や生肉、生魚…と
あらゆる食材を扱う場所。
そのため、お店などでは特に徹底した消毒、
殺菌が行われている場所でもあります。

また、これら食材だけでなく、
ちょっとした汚れや、
それを拭く水ぶきタオルの痕さえも
実は危険な温床なのだとか。

【湿度】

カビや細菌などにとって湿度が多い場所は
まさにオアシスです。

生ごみなどがあるシンクはもちろんのこと、
ここに一番近いところに常にある
まな板キッチンスポンジは特に注意が必要です。

【温度】

湿度と共に気を付けたいのが温度。
細菌の喜ぶ温度といえば
15~40℃といわれていますから、
まさに高温多湿なキッチンは
彼らのためにある場所だといえるでしょう。

これらに気を付けないといけませんが、
すべてを徹底するのは難しいですよね。

雑菌を増やさないためにはキッチンスポンジの見直しが必要

ところで、おたくのキッチンスポンジは
どんなものを使っていますか?

我が家はスタンダードに柔らかい面と
硬いたわし調の面があるタイプのものを
使用しています。

お店ではソフトスポンジとして
販売されていますね。

とはいえ、すぐ傷んでしまうし、
衛生面ではよいとはいえなさそうです。
安いのはだめですね。

そこで知っておきたいのが
速乾性の高いメッシュタイプのスポンジ
成分としては脱膜ウレタンフォーム
呼ばれるものが含まれているのがおすすめです。

触り心地は若干固いのですが、
目が粗いため通気性がよく、
洗った際の泡立ち、泡もち、泡切れが
良いのも特徴です。

また、近頃注目されているのが
銀イオンが含まれている抗菌スポンジです。
こちらは見た目がスチールたわしのようなスポンジ。

銀イオンを含むものはO‐157など
大腸菌の発生を防ぐ作用があるのだとか。
もちろん完全除菌というわけにはいかないので、
さらなる手段として正しいお手入れが必要です。

毎日したいキッチンスポンジの正しいお手入れ

いいものを使っていたとしても、
きちんとしたお手入れをしていないと
残念ながら雑菌の発生を防ぐことはできません。

例えば
毎日のようにしておきたいお手入れが
熱湯消毒

使用後はきちんと泡を切り、
80℃以上の熱湯をかけるだけ。
これはシンクにも使える方法です。

また、匂いがついてしまっていたり
油汚れがついてしまっている場合にしておきたいのが
アルコール除菌剤または銀イオン剤の塗布

もちろん、直接汚れがついているものを
いくら除菌しても意味はないので、
洗う前にまず汚れをペーパーなどで
しっかり拭き落としてから
洗い始めるといいでしょう。

ハイターによる除菌をすすめる方も多くいますが、
手荒れやスポンジの劣化を防ぐためには
あまりおすすめできません。

するにしても
哺乳瓶などの赤ちゃん用品を消毒することが出来る
ピュリファンなどが理想的。

使用後に1時間ほど浸け、
その後十分に乾燥させることが鉄則です。

ちなみに、交換は劣化を防ぐためにも
泡立ちが悪くなったりヘタレてしまう前に
してしまうのがおすすめ。

タイミング的には2週間~1ヶ月に一回
といったところです。

最後に

「あ~…やばいやばい」
今回のキッチンスポンジの雑菌の話題は
筆者にとってかなり耳の痛~いお話でした。

なかなか掃除できていない我が家、
しかも子供もペットもいますから
これはもう雑菌の温床になっているだろうと思います。

これを機に我が家のキッチンスポンジも
早速新しいタイプのものに交換しなくては…。

いや、それ以前に
全体の掃除もまずは必要ですよね。
暇なとき遊んでばかりいないで掃除しなくては…。

分かってはいるのですが
子供に託けて出来ていないダメ母でございます。

皆さまのおたくはいかがでしたでしょうか?
これからもまだまだ感染症が心配な季節が続きます。
近頃ではもはや
1年中心配といっても過言ではありません。

これを機に、ぜひ皆様も
キッチンスポンジの見直しと
キッチン全体の殺菌、消毒を
心掛けてみてはいかがでしょう。


スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事