季節の変わり目…久々につけたエアコンが臭い!



「久々の人はご用心!」

季節の変わり目。
それまでは他のもので代用していた人でも、

ふとしたきっかけで
久々にエアコンをつけてみたという人も
少なくないでしょう。

でも、このときショックなのが
エアコンから出るもわぁんとした臭い

なんだこれ…、ヤバイ、
掃除してなかったからかな?

特にペットや子供、老人がいるお宅では
その臭いの元となる原因が心配になるでしょう。

でも待って、ところでエアコンて
自分でどんな風に掃除するのか
いまいちわかんないんだけど?

何か対策とかってあるのかな。

スポンサーリンク
   
 

うっ…まるで雑巾?エアコンから出る風が臭い原因

エアコンをつけてみて
出てくる風がなんだかとても臭い。

この臭いを例えるなら、

・雑巾
・タバコのヤニ
・ホコリ

といったとこ。
どれもいい匂いとは言いがたいものばかりです。

この臭いの原因は、
いわゆるハウスダスト

空気中に舞ったホコリや
カビといったところです。

特に空間が狭い車内なら、
これにタバコのヤニの臭いや
濃い食べ物の匂いも混ざり…

うっ、と車酔いの原因になってしまうことも
多いでしょう。

ペットを飼っているお宅では
おしっこの臭いや獣臭も降り混ざってしまいます。

エアコンを自分で掃除するときのポイントは?

エアコンの掃除を一般的に業者に頼むと、
1回約1万円前後

内容はクリーニングカビ除去
定期的年3~4回するといいそうですが、

なかなか
「お願い」とはいえぬ頻度と費用ですよね。

もちろんプロだから
腕を疑うことはないですが、

出来ればお金をかけない
セルフクリーニングを知っておきたいものです。

大事なのは、フィルターについた汚れ
ホコリの除去。これが主な臭いの原因です。

これを定期的に行うと
モーターの回転がよくなり
電気代節約にも繋がります。

このあと、クレベリンなど
カビの発生をよくせいするコートを塗布します。

ホームセンターなどで購入でき、
車用ならガソリンスタンドなどで
行ってくれますよ。

これで約3ヶ月ほどカビの発生を防ぎ、
不要な空気汚染を除去してくれます。

また、夏から秋にかけての季節の変わり目は
エアコン内部に水が溜まり
結露を起こしやすくなります。

つまりエアコン内部を
どぶ水が回っているようなものです。

こうなるとほぼプロを呼ぶしかない状況。

そうなる前に
ドレン配管(室外器に繋がる排水ホース)周りを
掃除
する必要があります。

プロならば高圧洗浄器で
ブシャーッと排水する場面。

普段もきちんと内部の汚れを取り、
エアコン室内器の内部乾燥を行うことが大切です。

日常的に臭いを防ぎたい場合には
表面や周囲だけでも
エタノール水を噴霧して拭くと違います。

最後に

「家主は気付かない他人宅の匂い」

昔、実家は母がコーヒー好きだったので
いつもコーヒーの香りがしてた。

友達の家に行くと猫の匂い。
魚の加工場に勤めていたばあちゃん宅は
魚の匂い。

それぞれのお宅にそれぞれの香りがあり、
ふとした時に「あら?この匂い知ってる」と
初めてのお宅でもデジャ・ビュを起こします。

でも家主に聞くと
意外とその匂いの原因には気づいていないもの。

我が家も無臭な気がしてるけど、

他人からしたら何かしら
飼い犬の匂いやコーヒー、
ホコリ臭さなんかがあるのかも。

あなたのお宅はどんな匂いがするか知ってますか?


スポンサーリンク

 
 
関連コンテンツ

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

*

このページの先頭へ