ロボット掃除機といえば「ルンバ」が有名ですが、近ごろは各社から様々なロボット掃除機が販売されており、どれを選べばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

価格帯も1万円以下のものから、高額なものは10万円以上もするものも販売されています。

今回ご紹介するのは決して安い買い物ではない5万円前後もするロボット掃除機「ルンバe5」なのですが、家電のプロフェッショナルも購入するコスパの優れた商品なんです。

そんなロボット掃除機「ルンバe5」を家電のプロが購入する4つの理由を紹介していきましょう。

スポンサーリンク
   
 

ルンバe5はゴミを取る能力が凄い!

ルンバ独自のゴム製デュアルアクションブラシが、フローリングや絨毯などの様々な床面にピッタリと密着し、瞬時に対応して徹底的に大きなゴミから小さなゴミまで清掃してくれます。

また、人では真似のできない「かき出し」、「かき込む」、「吸い込む」の3つの掃除の動作を同時に行うクリーニングシステムを採用しているので、絨毯や畳の隙間に入り込んだ埃や壁際や角の取りにくいゴミも吸い取ります。

そして、真空状態を作り出す特許取得のクリーニングシステムにより、吸引力は5倍で掃除にかかる時間は早いです。

ルンバe5は上位機種と殆ど同じ機構とコンピューターを搭載

ルンバe5は上位機種と殆ど同じ機構とコンピューターを搭載しており、いくつものセンサーで部屋の状況を調べてから、ルンバ自身が毎秒60回以上も状況を判断します。

そして、数十以上もある行動パターンから一番最適な行動を選択して実践するんです。

また、一定の角度だけだとゴミが取れない場合がありますが、ルンバe5は同じ場所を様々な角度から走行するので、しっかりとゴミを取り除くことができます。

ルンバe5のダスト容器は水洗いできる

ルンバe5のダスト容器は水洗いができるので、ダスト容器の中に残ったゴミは水でサッとすすぐだけできれいになります。

水洗いするので清潔ですし、簡単にお手入れができるので便利です。

スマホアプリで遠隔操作ができる

Wi-Fiネットワークとスマホアプリがあれば、ルンバe5を遠隔操作ができます。

だから、外出先からルンバを動かして帰宅前に掃除を終わらせることができるのは便利ですよね。

また、スマホでスケジュール管理や清掃状況、清掃履歴の確認もできます。

他にも5万円前後の価格帯のロボット掃除機はありますが、広い部屋では時間がかかったり、スマホで遠隔操作ができなかったりするようです。

これだけの機能がついた5万円前後の価格帯のロボット掃除機「ルンバe5」を家電のプロが購入するのもうなずけますよね。

created by Rinker
アイロボット(IRobot)
¥54,860 (2019/11/15 02:51:12時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事