出典: TP-Link Japan

家庭でWi-Fiを設置して使っている人は多いとは思いますが、離れた場所で使用すると電波が弱くなって不安定になったり、複数人で使うと速度が遅くなったりしていませんか?

これらの問題を解決してくれるのが、今流行の「メッシュWi-Fi」なんですね。

そこで今回はメッシュWi-Fiのメリット、デメリット、選び方や人気のルーターなどをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク
   
 

メッシュWi-Fiとは?

メッシュWi-Fiシステムとは簡単にいうと複数台のWi-Fi機器でエリア全体を同一のWi-Fiネットワークで囲んで最適な通信環境を整える技術なんです。

Wi-Fi電波を発信する親機があって、その電波を中継するサテライト機があるのですが、どちらからでも接続することができるので、家の中にいくつかのサテライト機を配置することによって家のどこからでも安定した通信が得られるようになります。

メッシュWi-Fiのメリット

従来のWi-Fi接続の問題点を改善したメッシュWi-Fiのメリットをまとめました。

家のどこからでも安定した通信が得られる

従来のWi-Fi接続では2階などは電波が弱くなり安定した通信環境が望めませんでした。

しかし、メッシュWi-Fiの場合はたとえ親機から遠くても近くにサテライト機があれば安定した通信環境を望めます。

また、複数人で使用すると従来のWi-Fi接続では通信速度などが遅くなってしまうことがありましたが、メッシュWi-Fiの場合は通信容量を分散することができるので快適な通信ができるでしょう。

必要に応じてサテライト機を増やせる

メッシュWi-Fiは必要に応じてサテライト機を追加すれば、さらにWi-Fiのエリアを広げることができるんです。

増築した場合やライフスタイルの変化により、Wi-Fiを使用するエリアが変化した場合でもサテライト機を追加することにより対応エリアを増やしていくことができます。

設定が簡単にできる

「Wi-Fiの設定」というと難しいというイメージがありますが、殆んどのメッシュWi-Fiは専用アプリがあり、そのアプリに従って操作していくだけでセットアップが完了します。

スマホのアプリでセットアップができるのは簡単でいいですね。

メッシュWi-Fiのデメリット

メッシュWi-Fiのデメリットといえば、やはり費用面でしょうか。

広い家だと多くのサテライト機を設置することになるのでその分のコストがかかります。

あと、一つの回線から電波を分散して使用するためにルーター1台で単独使用するよりも若干遅くなるようです。

しかし、複数人及び複数台で接続するのなら、メッシュWi-Fiを導入することのメリットのほうがはるかに大きいと思います。

中継機とどこが違うの

Wi-Fiの電波は「中継機」を使用しても遠くまで飛ばすことはできます。

しかし、中継機を使用した場合ですが、中継機と繋がっているネットワークのデバイスの負荷は全て親機の負荷となってしまうのです。

その結果、ネットワークの負荷が増えることになり通信速度が遅くなるなどの悪影響がでます。

また、中継機の場合は基本的にどのWi-Fiに接続するのかは自分で選ばなければならず、仮に親機に接続したほうがいい場合でも中継機に繋がっているという状況が生まれるんですね。

こういった場合には自分でWi-Fiポイントを変更しなければいけません。

メッシュWi-Fiの場合はそれぞれが同じルーターとして働きWi-Fi電波を分散するために負荷は分散し、Wi-Fiポイントの変更も必要ないのです。

メッシュWi-Fiが向いているのは?

ただ単に複数人が接続を利用するからといってメッシュWi-Fiが向いているわけではありません。

複数人が接続する場合でも、どの部屋でも通信環境が変わらない場合はメッシュWi-Fiを利用しなくてもよいでしょう。

メッシュWi-Fiが向いているのは基本、複数人が複数の機器で同時に広い家で接続することが多い人ですね。

特にメッシュWi-Fiが向いているのは1階でも2階でも通信機器を利用しているが、2階では電波環境が悪い場合ですね。

メッシュWi-Fiの選び方

メッシュWi-Fiといっても様々な機種が販売されているので、どれを選べばいいのか分からないと思います。

それぞれ特徴があるのでより自分の環境にあった機器を選ぶためのポイントをまとめました。

使いやすさなら国産メーカーを!

メッシュWi-Fiのサテライト機ですが、製造国の違いによる使い勝手に差があるので注意が必要です。

海外メーカーの場合、万が一トラブルなどがあった場合はサポートなどの面でスムーズな対応が難しいかもしれませんが、国内メーカーの場合はスムーズな対応をしてもらえると思います。

また、取り扱い説明書も国産だと日本語で書かれているために設定も安心してできるでしょう。

■メッシュWi-Fi【国産メーカー】のおすすめ機種

created by Rinker
バッファロー
¥32,091 (2019/10/19 03:31:57時点 Amazon調べ-詳細)

性能を重視するならトライバンド機能が付いた機種

トライバンドを直訳すると「3帯域」となり、通信機器が3つの周波数帯域での通信に対応していることを示します。

2.4GHz帯一つと5GHz帯二つに対応するアンテナを装備して、計三つの帯域を使用して通信を行うことのできる無線LANアクセスポイントの機能を備えています。

接続できる電波帯域が増えることで複数台が同時接続しても負荷を分散することができるためにスムーズな通信が期待できるでしょう。

複数人が同時に通信することが多い家にはトライバンド機能付きの機器はおすすめですね。

■メッシュWi-Fi【トライバンド機能付き】のおすすめ機種

広い家で多数購入するならお手頃価格の機種

メッシュWi-Fiですが、広い家だと多数購入しなければならないので、購入費用もばかにはなりません。

安い機器も数多くありますが、多くの機能を望まなければ問題なく使用することができます。

また、複数台購入する場合ですが、セットで販売されていることも多く、まとめて買ったほうが安く購入できる場合もあります。

サテライト機ですが、多くあってもさほど困ることもないでしょうし、まとめて買ったほうが安ければ、そちらを購入するのもいいでしょう。

■メッシュWi-Fi【お手頃価格】のおすすめ機種

最後に

メッシュWi-Fiの導入することによって、「二階で電波が弱くてスマホが使いにくかった」、「複数でスマホを見ていると速度が遅くなって困った」などの問題が解決するはずです。

広い自宅で通信環境の安定性や複数接続での通信速度を求めるならメッシュWi-Fiは不可欠な存在ですね。


スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事