朝に目覚ましが鳴っても、なかなか起きられずについ二度寝してしまうことはありませんか?

部屋のカーテンが閉まって部屋が薄暗い時にはなかなか気持ちの良い目覚めって難しいですよね。

そんな人のために、世界初!カーテンが設定時間になると自動で開閉してあなたを気持ちよく目覚めさせてくれる目覚ましグッズが登場しました。

それは「めざましカーテン mornin'」というタイマーにより自動でカーテンを開け閉めしてくれる便利グッズです。

スポンサーリンク
   
 

太陽の光を浴びると気持ち良く目覚められる理由

人間の体は太陽の光を浴びると「睡眠ホルモン」、「メラトニン」の分泌が抑制され自然に目覚められるようにできています。

つまり、朝日を浴びることによって人の体は活動状態になるのですね。

しかし、普通寝ている時にはカーテンが閉まっているので、朝日を浴びようと思えば自分でカーテンを開ける必要があります。

朝が弱い人にとっては、とても苦痛なことだと思います。

「じゃあ、最初からカーテンを開けっ放しにして寝たらいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、夏には朝早くから朝日が差し込み、冬には窓から冷気が入ってくるので、やはりカーテンは閉めて寝ないといけないでしょう。

仮に、朝起きる前にあなたの代わりにカーテンを自動で開いてくれて、朝日を浴びさせてくれるアイテムがあったらどうでしょう。

目覚ましが鳴る前に太陽の光を浴びることによって、あなたの体は活動状態になり気持ち良く目覚めることができるとは思いませんか?

そんな悩みを解消する素晴らしい商品が、めざましカーテンmornin'です。
 
 

めざましカーテンmornin'のデメリット

とっても便利な「めざましカーテンmornin'」ですが、以下のようなデメリットがあります。

価格が高い
便利な商品ですが、一つ約7,000円もします。
一つで片側しか開けられないので、両方開けようとすると14,000円以上もかかってしまいます。

Bluetoothの接続にかなりの時間がかかる
また、アレクサなどで音声操作ができないのが残念ですね。

モーター音はちょっとうるさめ
目覚まし代わりだと思えばいいかも(笑)

カーテンレールのタイプによっては取り付けできない
リングタイプのカーテンレ-ルには対応していません。
 
 

めざましカーテンmornin'にできること

めざましカーテンmornin'は基本的にはタイマー機能を使って設定した時間にカーテンを開閉するアイテムで、簡単に取り付けることができ、接続も自動で簡単です。

■設定した時間にカーテンを自動で開閉
設定はスマホからするのですが、タイマー機能を使用して設定した時間にカーテンを自動開閉することができます。
平日は朝6時、休日は朝8時というふうに、曜日毎に設定することもできるんです。

■リモコンのようにしてカーテンを開閉
リモコンモードにすれば、スマホから操作することによってカーテンを開閉することができます。
さらに、複数台のmornin'がある場合には、指定して開閉することも可能。

■家族みんなで使える
共有機能で使用して、家族のスマホからmornin'を利用できます。
なお、一台のスマホからは、最大4台のmornin'を使用することができます。

こんな使い方もできますよ

設定した時間にカーテンを開閉できるということは、防犯にも利用できますよ。

あらかじめカーテン開閉の時間を設定しておいてカーテンを開け閉めすることによって、帰りの遅い日や長期旅行中の防犯にも役に立つはず。
 
 

「mornin」と「mornin+」の違い

めざましカーテンには旧バージョンの「めざましカーテンmornin」と新バージョンの「めざましカーテンmornin+」があります。

旧バージョンの「mornin」のほうは、取り付けてしまうとロックがかかっているのでカーテンは手動で開けられなかったのですが、「mornin+」のほうは取り付けたまま手動でカーテンを開けることができます。
でも、手動の際には少しつっかかる感じがあるそうですね。

また、「mornin」に比べて「mornin+」はパワーアップしています。
 
 

最後に

めざましカーテンmorninを使えば、起きる少し前の時間に自然に体を起こして、それから音のする目覚まし時計で起きることによって、気持ちの良い目覚めが得られるかもしれないですね。

朝、目覚まし時計で起きれない人は朝日を浴びてから起きてみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事