「携帯電話の明細書に書かれた【他社通信提供サービス通話料】とは?」

携帯電話の明細書を確認してみたら、ある日見つけた【他社通信提供サービス通話料】。

しかもまぁまぁな額が取られていたりします。

あれ?うちって携帯電話かけ放題のプランじゃなかった?

実はこれ【ナビダイヤル】といって、「0570+6桁」のお問い合わせ番号だとか。

そういえば先日旅行の予約や不在配達のお問い合わせでこの番号にかけてたかも?

え?フリーダイヤルかと思ってたのに違うの?

あまりに不安なのでちょっとこのナビダイヤルについて調べてみました。

スポンサーリンク
   
 

「0570」からかけられるナビダイヤルは通話料金がかかる!?

フリーダイヤル「0120」同様、様々な企業が使っているお問い合わせ用の番号「0570」。

企業は固定電話の他にお客様専用の番号などとして設定していることが多く、この番号からかかってくるということはありません。

また、フリーダイヤルは基本的にイタズラ電話防止などの観点から携帯電話や「184」付加ダイヤルからの着信を拒否しています。

「0570」はNTTコミュニケーションズが提供してるものですが、「0120」とはある決定的な違いがあるのが特徴です。

0120」…着信側が通話料金を支払う
0570」…発信側が通話料金を支払う
※0180、#から始まる場合もあります。

 
お問い合わせするのはお客様だとはいえ電話代くらい持ってくれよ!と思われるかもしれません。

でもこれ、敢えて有料にすることであまり待たずに繋げるという企業側の思いがあるとか。

しかし、お客様相談室は基本的にクレーム処理。

受ける側としてはその時間を持っていかれるわけですから当然といえば…とも思います。

ところでこの番号、まあまあな額がかかるというのですからかける側としては大変です。
 

「0570」からの通話料金はカケホーダイも関係ない!?

「0570」からかけるナビダイヤルは、残念ながら携帯電話各社の【無料通話対象外】とされています。

通常【無料通話対象外】となっている番号は、携帯電話各社の通常課金が適用されます。

しかしナビダイヤルの場合はその毎秒ごとの時間は相手先の電話会社が値段設定。

実際にかけると「20秒ごとに10円」などアナウンス告知されていることがほとんどです。

20秒10円。1分かけたら30円かかる計算です。

しかも相手先が値段設定出来ますから、ナビダイヤルの場合は出来るだけ長電話を避けるのが先決です。
 

通話料金を安く出来る?

先に話した通り、ナビダイヤルは相手先の電話会社が値段を設定できます。

こちらの電話会社がいかに値段を安くしたプランにしても難しいのが現実です。

しかしこの提供源であるNTTコミュニケーションズのサイトを見てみると、あるじゃないですか安くなるプラン!

やるな~、NTT。

こちらはアプリ【050plus】。月額300円かかるのですが、これを使う事で「0570」も8分3円と格段に値段を抑えることができます。

このほか国際電話なども少し価格を抑えられるそうなので、海外にかける機会が多い方などは入れておくと便利かも。

そのほか、「0570」の裏番号にかけるという方法。

これは普通の「022」や「03」から始まる番号にかけるので、もちろんカケホーダイでかけられ無料に出来る可能性があります。

この裏番号はgoogleさんに直接「0570」の番号を入れるとヒットすることがほとんど。

クレジットカードなどであれば書いてあることもあります。
 

最後に

「0570、厄介ですね…」

0570、結構宅配便の不在届に書いてあることがありますよね。

私の場合はネットやドライバーさんに直接つなぐことがほとんどです。

「0570」の設置理由がなんとなく分かったとはいえ、やはり少し厄介だなーと感じた次第。

今時は固定電話もないうちがほとんどなのですから、もう少しやり方がなかったのかなと思いますね。


スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事