年齢を重ねる度に気になりだした小じわやたるみ。

エステなどに通うお金もないし…。

だったら、自分でやってみようと思う人もいらっしゃるのではないでしょうか。

現代では本格的なスキンケアができる高機能な美顔器がたくさん発売されていますので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、美顔器選び方2019年美顔器売れ筋を5機種ご紹介します。

美顔器の選び方

機種によって機能はそれぞれ違いますし、効果も違ってきます。

まず美顔器を選ぶ前に、自分の肌の悩みと用途などを考えましょう。

①シワやたるみが気になる方
超高速振動のマッサージ機能がついた「超音波機能タイプ」がおすすめ。

超高速の振動マッサージによって新陳代謝促す効果が期待できます。

周波数により、効果などは変わってきますが、調整できる機種も。

その他に顔の筋肉に直接刺激する「EMS(低周波)」や肌を深層から温める「高周波」などがあります。

②乾燥が気になる方
乾燥が気になるという方はイオン導入機能のついた美顔器がおすすめ。

これは皮膚にかすかな電流を流すことにより皮膚の奥の部分までビタミンCやコラーゲンなどの成分を浸透させようとする機能。

普通では届かないような皮膚の深い部分まで美容液の成分が入ることにより、皮膚の下部から肌を改善できる効果が期待できるようです。

③毛穴が気になる方
最近毛穴が気になるという方は優しく毛穴の汚れをとってくれるイオン導出機能や毛穴を引き締めてくれるRF機能のついた機種を選ぶといいでしょう。

なかには、前述のイオン導入やイオン導出、RF機能の全てを備えた機種もあり、それらを上手に使うことで美肌効果も違ってくることでしょう。
 

続けて使い続けることができるかどうか

美顔器ですが、日々使い続けることで効果が期待できます。

毎日使い続けることが重要なので、自分が使い続けることができるのかどうかもチェックして選ぶことが必要です。

1回にどれくらいの時間がかかるのか、何回くらいしなければいけないのか、ということを考えて美顔器を選びましょう。

また、毎日ではなく、週に数回でも効果が期待できるものもありますので、使用頻度も考慮して下さいね。
 

ランニングコストも考慮して選ぶ

美顔器には美容液など、多くの付属品が必要な機種があります。

いくら本体が安価でも、付属品の価格が高ければ、より多くのお金がかかってしまいます。

だから、本体価格だけでなく付属品などの価格をよく確認してから美顔器を購入しましょう。

だいたい1カ月単位でのコストで比較すると分かりやすいと思います。
 

導入美容器 イオンエフェクター 高浸透タイプ EH-ST86

パナソニックのEH-ST86は高浸透タイプで高分子の美容成分を浸透させる「プレケアモード」を搭載した美顔器。

「プレケアモード」+「リズム保湿モード」での角質層への浸透量は手で塗布したばあいよりも、ヒアルロン酸が4.9倍、コラーゲンが4.0倍と格段にアップしています。

■搭載モード
・プレケアモード
リズム保湿の前に使用することで、角質層をゆるめ、化粧品の高分子美容成分を浸透しやすくします。

・スキンキリアモード
プラスとマイナスの電流を交互に流すことにより、洗顔では落としきれない毛穴に残った汚れを角質層から引き出して、コットンに吸着させます。

・リズム保湿モード
電気浸透流とリズムにより、化粧品の保湿成分を角質層まで届けます。

・ブライトニングモード
電気の帯電性質を利用して化粧品のビタミンCを肌の角質層まで届けます。

導入美容器 イオンエフェクター 高浸透タイプ EH-ST97

美顔器の使える機能はEH-ST86とほぼ同じですが、プレケアヘッドを改良し、浸透量をさらにアップさせた美顔器。

プレケアをリズム保湿の前に使用することで、角質層への浸透量は手で塗布したばあいよりも、ヒアルロン酸が5.7倍、コラーゲンが5.0倍そして高機能ペプチド(プラセンタ成分)は6.3倍にアップしています。

ヤーマン ボーテ フォトPLUS HRF-10T

業務用と同等の1MHzのRF (ラジオ波) を搭載した美顔器。

様々な肌の悩みに使えるモードは5モードあるので、年齢に応じたケアが可能です。

温め、クレンジング、うるおい、表情筋ケア、冷却の本格的なエイジングケア効果の他に赤色LEDにより、お肌の弾力を高める機能を追加されています。

RF美容器 EH-SR71

美容クリニックで人気の高周波のRF(ラジオ波)と超音波のリフトテクノロジーが自宅でできる美顔器。

好みに合わせて使える二つのリズムを搭載しており、リズム1は一定のリズムとリズム2は変化のリズムが選べます。

エイジングサインが出やすい口元やフェイスラインにもしっかり密着します。

RF美容器 EH-SR70

独自の4極集中RFと超音波でリフトケアなどの本格エイジングケアが自宅でできる美顔器。

エイジングサインの出やすい口元やフェイスラインにもしっかり密着します。

「EH-SR70」と「EH-SR71」の違いはリズム(振動)の種類と重さです。

「EH-SR70」は一定のリズムのみですが、「EH-SR71」は一定のリズムと変化のあるリズムの2種類が搭載されています。

重さは「EH-SR71」のほうが5g重たくなっています。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥28,480 (2019/10/19 09:09:33時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

2019年に人気の美顔器を5機種紹介しました。

ヤーマンの美顔器が1機種入っていますが、やはり人気の機種はパナソニック美顔器が多いようですね。

新機種になるほど価格も高いですが、新機能が追加されています。

人気機種の後継機もやはり人気ですが、新機能が追加されている分、価格も高くなっているようですね。


スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事