日本人の朝食には欠かせない味噌汁。

味噌汁の作る時の味噌の分量をいちいち量るのって面倒くさいですよね。

適当に入れてしまうと濃くなったり、薄くなったり…。

そこで今回ご紹介するのは、味噌汁作りに便利な「計量みそマドラー」と「板前さんの みそこし名人」です。

どちらも、味噌汁作りには欠かせない便利グッズなんですね。

オークス 計量みそマドラー

オークス 計量みそマドラー」は両端にワイヤでできた大小2種類のマドラーが付いていて、大きいほうが大さじ2杯分、小さいほううが小さじ1杯分の味噌をすくうことができます。

使い方は、味噌にマドラーを突っ込んでグルリと回せばOK

丸い形状なので回しやすく、簡単に味噌を計量することができます。

100均にも類似商品があるのですが、接合部分に溝があって汚れがそこに入り込んでしまったり、形状が複雑だったりして手入れが大変なようです。

汚れが残ってしまうと不衛生になり、カビなどが生えてきそうですね。

板前さんの みそこし名人

「板前さんの みそこし名人」は下村企販という老舗のざるメーカーが作った「味噌こし用のザル」です。

アミ部の線径が太い丈夫なステンレス製の味噌こしで、鍋フチに掛けられる部分もこだわりがあり、掛けやすく作られています。

引っかけ金具があるので、手を放して味噌汁がすくうことができるので便利です。

口コミをみるとやっぱり、金網が丈夫だと味噌がこしやすく、口も広いので味噌が入れやすいそうですよ。

まとめ

計量みそマドラーと味噌こしは様々な商品が販売されていると思いますが、今回ご紹介した「オークス 計量みそマドラー」と「板前さんの みそこし名人」は使いやすくて作りがしっかりしているので長く使えると思います。

ただ、どちらも価格が高価なところが少し残念ですが…。

でも、良い物はそれなりのお値段しますよね。

created by Rinker
オークス
¥1,041 (2019/08/18 20:04:44時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

 

 
関連コンテンツ
おすすめの記事